Wi-Fi 6とは? 1〜5もあるの? 良し悪しの差は?

「Wi-Fi」は何かの略語ではない!(では何なのか?)』でお伝えしたように、「Wi-Fi」は通信規格の名前です。みなが同じ規格に沿って製品を開発することで、お互いの機器を無線ネットワークで接続し合えることを目指しています。

Wi-Fiの規格はいくつかのバージョンを重ねており、最新版は2019年に登場した「第6世代(Wi-Fi 6)」です。前世代のWi-Fi 5でも通信速度が爆上がりしましたが、Wi-Fi 6ではそれがさらに向上しました。普通にインターネットを使うならば10〜20Mbpsあれば十分(データ通信が多いゲームでも100Mbpsほどで足りる)と言われる中、Wi-Fi 6は10Gbps近くの速度が出る素晴らしいポテンシャルがあります。

世代規格名(呼称)最大通信速度
第6世代(通称 Wi-Fi 6)IEEE 802.11ax9.6Gbps
第5世代(通称 Wi-Fi 5)IEEE 802.11ac6.9Gbps
第4世代(通称 Wi-Fi 4)IEEE 802.11n600Mbps
第3世代IEEE 802.11g54Mbps
第2世代IEEE 802.11a / IEEE 802.11b54Mbps / 11Mbps
第1世代IEEE 802.112Mbps

PicoCELAのメッシュWi-Fiは、もちろんこれらのWi-Fi規格に従っています。詳細は以下をご覧ください。

あわせて読みたい
製品ラインナップ PCWL-0400 詳細へ レンタルプランへ 評価機貸し出しについて 配線無しで、無線LANエリアを構築 企業向けの無線LANアクセスポイント機能を装備大規模商業施設、オフィ...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる