メッシュWi-Fiってなに?

『メッシュWi-Fi ならPicoCELA』というキャッチフレーズでご紹介させていただいているPicoCELAですが、そもそもメッシュWi-Fiとは何かを解説していきます。

メッシュWi-Fiとは、名前のとおりメッシュ、網目状にネットワークを構築する仕組みのことです。

では、一般的な無線LANアクセスポイントと何が違い、どのような場面で効果的に利用できるのでしょうか。

無線LANアクセスポイント導入の課題

無線LANアクセスポイントは端末とはワイヤレスで通信をしますが、通常、無線LANアクセスポイント毎にLANケーブルを接続する必要があり、LANケーブルやスイッチングハブを経由してルーター、その先のインターネットに接続していくことになります。  そのため、無線LANアクセスポイントを設置するためのLAN配線工事が必要になります。しかし、敷地が広い、建屋が多い、屋外の環境では、LAN配線工事にあたって次のような課題が挙げられます。

  • 敷地面積に比例して配線工事のコストが高くなる
  • 配線工事のために業務を止めなければならない
  • 屋外では配線工事の実施自体が難しい

これらの課題を解するのが、メッシュWi-Fiと呼ばれる分野の無線LANアクセスポイントです。 

メッシュWi-Fiの特長

メッシュWi-Fiのアクセスポイントは端末との通信だけでなく、同じ環境に設置されているアクセスポイント同士も無線で通信をします。そのため、一番ルーターの近くに設置されている親機のアクセスポイント以外、LANケーブルに接続する必要がありません。 メッシュWi-Fiによって無線LAN構築で大きな割合を占めるLANケーブルの配線のコストを劇的に下げることができるのです。 

また、PicoCELAは特許取得のPicoCELA Backhaul Engineによって、同じ分野の製品の中でもより簡単に、より高品質なメッシュWi-Fi通信環境を構築することができます。 

通常の無線APの構成とPicoCELAの構成の違い
LANケーブルの数を削減できることがわかります。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる