防水防塵の規格”IP67”ってなに?

PicoCELAの屋外対応モデルPCWL-0410の特徴の一つに”IP67相当の防水防塵性”が挙げられます。
お客様からは、「なんとなく安全であることがわかる規格に準拠しているのだろう」と前向きな感想をお持ちいただけるのですが、実際にIP67とはどのような規格かご紹介したいと思います。

IP規格とは

IEC(国際電気標準会議:InterNational Electronical Commission)は、機器の保護構造について防塵・防水性を等級に分類し、そのテスト方法を規程しています。これに基づくIP表示は世界で使用されており、日本では、JIS(日本工業規格)及び社団法人・日本電機工業会がIP表を規格化しています。(JIS C 9829-1993 & JEM1030-1983)

IPとはIngress Protection(侵入に対する保護)の頭文字をとったものです。後に続く数字は、第1記号、第2記号として別々の意味を持ちます。

等級
第1数字記号
人物・固形物体に対する保護(保護等級0-6)
1保護の程度テスト方法
IP0□保護なしテストなし
IP1□手の接近からの保護直径50㎜以上の固形物体(手など)が
内部に侵入しない
IP2□指の接近からの保護直径12㎜以上の固形物体(指など)が
内部に侵入しない
IP3□工具の先端からの保護直径2.5㎜以上の工具先端や固形物体が
内部に侵入しない
IP4□ ワイヤーなどからの保護直径1.0㎜以上のワイヤーや固形物体が
内部に侵入しない
IP5□ 粉塵からの保護機器の正常な茶道に支障をきたしたり、
安全を損なうほどの量の粉塵が内部に侵入しない
IP6□ 完全な防塵構造粉塵の侵入が完全に防護されている
等級
第2数字記号
水の侵入に対する保護(保護等級0-8)
2保護の程度テスト方法
IP□0水の侵入に対して特には保護されていないテストなし
IP□1垂直に落ちてくる水滴によって
有害な影響を受けない
200㎜の高さより3~5㎜/分の水滴、10分
IP□2垂直より左右15°いないからの降雨によって
有害な影響を受けない
200㎜の高さより15°の範囲
3~5㎜/分の水滴、10分
IP□3垂直より左右に60°以内からの降雨によって
有害な影響を受けない
200㎜の高さより60°の範囲
10ℓ/分の放水、10分
IP□4いかなる方向からの水の飛沫によっても
有害な影響を受けない
300~500㎜の高さより全方位に
10ℓ/分の放水、10分
IP□5いかなる方向からの水の直接噴流によっても
有害な影響を受けない
3mの距離から全方向に
12.5ℓ/分・30kpaの墳流水、3分間
IP□6いかなる方向からの水の強い直接噴流によっても
有害な影響を受けない
3mの距離から全方向に
100ℓ/分・100kpaの墳流水、3分間
IP□7規程の圧力、時間で水中に没しても
水が浸入しない
水面下・15cm~1m、30分
IP□8水面下での使用が可能メーカーと機器の使用者間の取り決めによる

上記の表のように、IP規格は、人物・固形物体と水の2つの側面からの侵入に対しての性能を評価し、規程しているものです。
PicoCELAのPCWL-0410はIP67ですので、
粉塵の侵入が完全に防護されており、水面下1m以内で30分間浸かっていても機器内部に水が浸入しない
と評価することができます。

実際に、雨が降る環境でも問題なく稼働実績がありますので、是非ご参考ください!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる