スマート農業(植物プラント)のメッシュWiFiは全てPicoCELAでいいと思う。それくらいの効果を知ってほしい。

少し前から農業のIT化が進み、農場や植物プラントのスマート農業化が進んでいます。スマート農業やAIを活用した農業により作業効率とロスが大幅に減り、業績が向上し、もう昔の3K的な仕事から脱却しようとしています。とはいっても農業はやはり農業で楽な仕事ではないですよね。ただ、スマート農業によって、平均年収2500万円の農村も出てきています。そして、スマート化された養豚農家の平均年収は2千万円という記事も出てきています。

詳しくはスマート農業で調べてみると色々でてきますが、以下のような効果があると言われています。

  • 作業の自動化(ロボットトラクタ、スマホでの水田管理など作業の自動化、遠隔管理)
  • 情報共有の簡易化(作業内容と結果の情報管理と自動処理)
  • データの活用(ドローン、各種IoT農機、気象データのAI解析による育成や害虫予測によるロスの少ない農業経営)
  • 人材不足の緩和

これらの効果が評価され、スマート農業の市場は以下のグラフの様に右肩上がりになっています。

引用元:https://agri.mynavi.jp/agriplus/vol_02/chapter01_02/

このように急激に普及しているスマート農業ですが、スマート農業を実施するうえでネットワークがかなり重要になってきています。各種カメラやセンサー間を無線LANやWiFiで接続をしたいのですが、肝心のアクセスポイント間が従来品の場合、有線接続になってしまい、これが故障の原因になったり、コスト増、工期の増加を招きます。

これらすべてを解決できるのが、PicoCELAです。PicoCELAは無線LANのアクセスポイント間をWiFi接続でき、しかも中継しても劣化しないという優れものです。従来は、LANケーブルを会場に這わせて、ケーブルカバーも設置したりしていたので、時間がかかっていましたが、PicoCELAの場合は、最初の一台を有線接続したら、あとはPicoCELAを各所に設置して電源コンセントに設置するだけです。

その模様は事例でも紹介されています。興味がある方は以下をご覧ください。
https://picocela-scsk.jp/category/jirei/

また、屋外用のプラント向けWiFiソリューションのページもご用意しています。興味がある方は以下をご覧ください。
https://picocela-scsk.jp/plant/

PicoCELAに興味がある方は以下をご覧ください。

あわせて読みたい
製品ラインナップ PCWL-0400 詳細へ レンタルプランへ 評価機貸し出しについて 配線無しで、無線LANエリアを構築 企業向けの無線LANアクセスポイント機能を装備大規模商業施設、オフィ...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる