無線LANが5Gよりも選ばれる理由とは

今日はこちらの業界ニュースをかいつまんでご紹介します。

「5G」なんていらない――「無線LAN」さえあれば十分な“これだけの根拠”
https://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/2109/18/news01.html

コロナ禍において、テレワークと出社を組み合わせた「ハイブリッドワーク」を導入・検討している企業は少なくありません。従業員がスマホやパソコンなどの端末を使い、各地に分散して効率よく働くために、手元の端末でデータを処理する「エッジコンピューティング」が注目されています。

エッジコンピューティングの通信には5Gが大いなる助けとなっています。しかし、現在エッジコンピューティングで主に利用されている無線通信は5Gではなく無線LANです。無線LANが5Gに置き換わるのは、まだ何年も先になると考えられています。

無線LANが今でも中心的な役割を果たしている理由は、「低コスト」「低消費電力」「高い信頼性」の3つにあります。無線LANの技術は進化を続けており、次世代の「Wi-Fi 6」では更なる高速化や省電力化が実現されています。

5Gの中で今後の期待が高いものが「ハイバンド5G」ですが、ハイバンド5Gを最大限に活用するためには基地局を高密度に設置する必要があり、設備費用がかさんでしまう欠点があります。それに対し、無線LANは既存のインフラを利用できるため、コストを抑えることができます。

無線LANでは「Wi-Fi」という仕様が標準的であり、多くの企業はWi-Fiにだけ準拠している端末を多く使用しています。それらを全て5Gに置き換えるためには膨大なコストが生じるため、今後も多くの企業はWi-Fiを使い続けることになるでしょう。


PicoCELAの無線LANアクセスポイントは、企業向けの無線LANアクセスポイント機能を装備し、屋内外での使用に対応しています。ご興味のある方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
製品ラインナップ PCWL-0400 詳細へ レンタルプランへ 評価機貸し出しについて 配線無しで、無線LANエリアを構築 企業向けの無線LANアクセスポイント機能を装備大規模商業施設、オフィ...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる