「無線LANアクセスポイント」と「無線LANルーター」の違い

今日はこちらの業界ニュースをかいつまんでご紹介します。

いまさら聞けない「無線LANアクセスポイント」の基礎 一言で説明すると?
https://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/2112/04/news01.html

「無線LANアクセスポイント」と「無線LANルーター」はどちらも無線のローカルエリアネットワーク(LAN)に接続できるものですが、この2つには明確な違いがあります。

企業はオフィスや工場などに無線LANを構築するために、無線LANアクセスポイントと無線LANルーターのどちらを選ぶべきでしょうか。それは、求めるネットワークの規模や用途によって異なります。

無線LANルーターは、異なるネットワーク同士の出入り口になるものです。例えば、インターネットと社内LANの懸け橋となります。家庭のように、無線LANルーターの電波が届く限られた範囲のネットワークで十分な場合は、無線LANルータが1つあれば足ります。

しかし、一般的な企業のように、中規模~大規模な無線LANを構築したい場合は、複数の無線LANアクセスポイントを必要とします。無線LANアクセスポイントをより広いエリアに配置すればするほど、より広い空間で無線の通信ができるようになるためです。


PicoCELAの無線LANアクセスポイントは、企業向けの無線LANアクセスポイント機能を装備し、屋内外での使用に対応しています。ご興味のある方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
製品ラインナップ PCWL-0400 詳細へ レンタルプランへ 評価機貸し出しについて 配線無しで、無線LANエリアを構築 企業向けの無線LANアクセスポイント機能を装備大規模商業施設、オフィ...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる