工場や倉庫のスマート化に、無線LANアクセスポイントPicoCELA

皆さん、こんにちは。

南波真之(なんばさねゆき)と申します。

PicoCELAやそれを取り巻く市場や環境について、様々な角度からお伝えしていきたいと思います。

今回は、工場や倉庫のスマート化という点を取り上げます。Wi-Fi通信は今や工場や倉庫でも必須のインフラになってきています。

そんな現場でもベストなWi-Fi環境についてのお話です。

目次

無線LANアクセスポイント設置の2つの問題点

無線LANアクセスポイントの問題として、どのシチュエーションでも発生するのが次の2つの問題です。

  • 電波が届かない、電波が弱い場所が出てしまう
  • 設置の手間がかかる

1つ目の電波の問題については、一般的なオフィスであれば社員の人がノートパソコンなどを持って場所を移動すれば良いかもしれませんが、工場や倉庫の場合はどうでしょうか。

工場や倉庫で素材や商品を管理するためにシステムを導入している企業は少なくないはずです。在庫管理や生産管理で利用しているシステムで、担当者が一括管理をし、効率化を図るという場合もあるかと思いますが、タブレット端末を利用して管理をする場合は工場内にWi-Fiの環境が必要不可欠となります。

また、工場や倉庫にセンサーを設置し監視やデータを取るようなことをするということも考えられます。IoT機器の活用です。

この管理の利点は、リアルタイムな在庫管理や検品、人的ミスの最小化といった多くの点があり、生産性は大きく向上できるものです。

更に、工場や倉庫は屋外の通信が必要という場合もあります。

屋外ではインターネットにつながらずに利用ができないということで仕事に支障が出てくることもありますので、屋外の場合の通信環境も屋内と同様に重要になります。

次に、2つ目の設置の手間についても考えてみます。

無線LAN環境を作るためには機器の導入と設定が必要になりますが、工場や倉庫の場合は大規模になるために設置の手間が大きくかかってしまいます。

例えば、機器をつなげるためのケーブルに関しても多く必要になるため、工事期間の長期化やその間の仕事への影響も出る可能性があります。

さらに、設置したはいいものの、一部の場所では電波が繋がりづらいという状況になった際にもまた工事をする必要が出てきます。

屋外設置という意味合いでも同様で、屋外の場合は機器の耐久性についても余計に気にしなければなりません。

こういった課題を解決するために、メッシュWi-Fiという技術を用いたPicoCELA(ピコセラ)が有効です。

工場や倉庫に最適なPicoCELA

PicoCELAでは、独自の無線多段中継システムによって、従来のWi-Fi環境構築の課題であった、配線を最小限に抑えて迅速な導入が低コストで実現できます。

配線が最小限のため、建物や障害物の影響で通信が繋がりづらい場合の機器調整も行いやすくなります。

さらに、室内外どちらにも対応でき、設置コストの削減に加え、クラウド管理システムPicoManagerを利用し、機器の管理をクラウド上で一元化することができます。

PicoCELAのWi-Fiを利用して工場や倉庫の生産効率化をしつつ、各無線LANアクセスポイントの機器は管理者が一括管理をPC上で行うという形が実現できるため最適な選択肢になるのではないでしょうか。

ご興味がある方は以下のPicoCELAのページ、YouTubeチャンネルもぜひご覧ください。

PicoCELAとは

YouTube【公式】SCSK PicoCELAチャンネル

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる