【業界ニュース】Wi-Fi 6Eで飛躍的に増えるチャネル、その運用にはさらなる議論が必要?

Internet Watchで表記の情報が公開されましたので、ご紹介します。

Wi-Fi 6出荷台数は2024年度までに44億4000万台、うち6Eは16% 普及が進まないのは折り込み済み?

 前回の「Regulatory Update」に続き、今回は「Wi-Fi 6E Update」について見ていこう。発表を行ったWi-Fi AllianceのNicholas Sargologos氏(Senior Product Manager)によれば、2021年のWi-Fi 6E対応製品は3億3800万台になる見込みだという。
 IDCの予測では、2023年がWi-Fi 6対応製品のピークで、2024年になると次第に減少する見込みであり、一方でWi-Fi 6Eは引き続き投入製品数が増えるとされている。
その2024年度におけるWi-Fi 6/6E対応製品の総出荷台数はおおよそ44億4000万台前後。うちWi-Fi 6E対応製品は14億台程度と、全体の3割程度を占める程度に留まりそうである。

(続きは以下をご覧ください)
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/nettech/1314519.html

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる