【業界ニュース】Wi-Fi 6の拡張版「Wi-Fi 6E」とは? 周波数帯拡張に至った理由

日経xTECHで表記の情報が公開されましたので、ご紹介します。

 2019年にリリースされたWi-Fi(無線LAN)の国際規格「IEEE 802.11ax」が「Wi-Fi 6」と呼ばれるようになり、各社からWi-Fi 6のアクセスポイントが出そろいました。そして昨今、早くもWi-Fi 6の次のバージョンである「Wi-Fi 6E」が注目を集めています。Wi-Fi 6Eとは、業界団体である「Wi-Fi Alliance」が20年に開始したWi-Fi 6の拡張版の認証規格です。

(続きは以下をご覧ください)
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01817/00005/

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる