【業界ニュース】高速通信専用のチャネルが多数追加へ、6GHz帯の無線LAN「Wi-Fi 6E」の可能性

日経xTECHで表記の情報が公開されましたので、ご紹介します。

無線LANはオフィスや自宅、街中の施設などにおける無線インフラとして日常的に使われるようになった。その一方で、機器の増加による混雑や電波リソースを多く消費する新規格の登場により、良い条件で使いにくくなってきた側面もある。
 こうした状況において注目したいのが、Wi-Fi 6の拡張仕様である「Wi-Fi 6E」だ。日本でこの仕様を使えるようになるのはこれからだが、普及が進めば無線LANが今より使いやすくなると見込まれている。

(続きは以下をご覧ください)
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01764/090100002/

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる