【業界ニュース】「Wi-Fi 6」「Wi-Fi 6E」「Wi-Fi 7」の共通点と、過去の無線LANとの違い

TechTargetで表記の情報が公開されましたので、ご紹介します。

 無線LANの新しい規格を使う場合、たいていの企業は電波の到達距離よりもクライアント端末の密度の方を重要視する。ただし利用条件によっては、電波の到達距離が問題になることもある。到達距離は電波の出力に関係している。クライアント端末の密度においては、無線LANのアクセスポイント(AP)をどこにどれだけ配置するかという観点が欠かせない。

(続きは以下をご覧ください)
https://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/2201/07/news03.html

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる