【業界ニュース】「ローカル5G」は、エリアカバレッジがお寒い状況の「5G」を救い、日本のデジタル化を進めるか

@ITで表記の情報が公開されましたので、ご紹介します。

「ローカル5G」は、エリアカバレッジがお寒い状況の「5G」を救い、日本のデジタル化を進めるか
携帯電話事業者の5Gエリア展開の遅れを補完する制度「ローカル5G」。その概要と活用事例、Wi-Fi 6との違いについて解説する。

「iPhone」が「5G(第5世代移動通信システム)」に対応した。発表イベントを報じる各メディアも、5G対応を強調しており、国内で大きなシェアを確保するiPhoneが対応したことで、5Gに対する関心がさらに高まったように見える。5Gは、わが国が目指すべき未来社会を支える通信基盤の中心的な存在として位置付けられている。

 しかし、携帯電話大手4社が公開する5Gのエリアカバレッジをチェックすると現状では、まばらな「点」でしかない。2020年の春から正式サービスが始まったばかりなので、過度な期待は禁物であることは理解しているが、それにしても、数々の前のめりの報道や5G対応端末の宣伝などから受ける印象とのギャップに戸惑うことは事実だ。

(続きは以下をご覧ください)

https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2011/10/news007.html

TOC
閉じる