【事例】PicoCELAのエンタープライズ無線メッシュ、港湾施設をWi-Fi化

PicoCELA株式会社が最新事例を公開しました。

PicoCELA(ピコセラ)株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 古川 浩 以下
、PicoCELA)は、株式会社ラグナマリーナ様(以下、ラグナマリーナ様)が管理されるクラブハウス及び係留桟橋を含む海洋上を、三河湾ネットワーク株式会社様(以下、三河湾ネットワーク様)、SCSK株式会社様のご協力のもとWi-Fi化に成功いたしました。

●背景
流通や観光のグローバル化が進展する中で、港湾施設の先端化が注目を集めています。特にマリーナ等の海洋性レクリエーション基地は、働く場所にとらわれない働き方改革の進展に伴った洋上レクリエーション活動の今後の需要拡大を見越して、その整備・拡充に注目が集まっています。
昨今、このようなマリーナ施設に係留中のボート・ヨット内でのWi-Fi通信は不可欠と言っても過言ではありません。しかし、マリーナにおけるWi-Fi通信環境整備は、陸上の場合と比べて困難な課題を克服しなければなりませんでした。すなわち、マリーナでは浮桟橋を敷設する場合が多く、海面を浮遊する状態の浮桟橋にどうWi-Fiアクセスポイントを設営し、いかに安定したWi-Fi通信環境を提供するかという課題です。PicoCELAの無線メッシュソリューションによってこの困難を克服しました。
ラグナマリーナ様は利用者の船を管理し、入出港手続きを行うためのクラブハウスやその付随設備、マリンショップを管理されている港湾施設です。160m~170mの桟橋5本を所有されており、「がまごおり海の駅」として国土交通省にも認定されています。給油や休憩などで寄港されるビジター利用者の皆様へのサービスも提供されるなど、海を介して沢山の方が立ち寄られる大型施設として、海のレジャーにおける利用者の皆様の安全とくつろぎの時間という大切な役割を担っています。

(続きは以下をご覧ください)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000062.000035736.html

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる